事件や人物について書くネタの注意点!批判はしないこと!

今回は記事ネタに事件や人物を選定した

場合の注意点について解説していきたいと思います。

一番肝に銘じておいて欲しいのは批判はしない!

ということですよっ!!!

事件ネタの注意点

事件ネタは初期ブログの段階で最もライバルが

少なく爆発のしやすいネタです。

 

なのでぜひブログの初期段階ではどんどんと

狙っていってほしいジャンルなんですが…。

 

事件ということもあり少し注意が必要なんです。

 

まずはGoogleAdsenseから収益を得るのが

トレンドブログなんですが規約の中に

「暴力的な言葉が使われていない」というものがあります。

ですので暴力的な表現をつかわないようにするのが大切。

 

事件ネタからメインキーワードを選ぶ場合は

2種類あり、その事件にかかわる人物について

もしくは事件の中に出てくる知らないワードです。

 

もし、事件ネタの人物に焦点を当てる場合は

人物についてのキーワードを考えるだけで

事件についての内容は一切書かないほうがいいです。

 

人物についてを書くことを心がけてください。

 

また、事件の中の内容や気になるワードを

メインにする場合だと事件の内容を入れても

かまいませんが、暴力的な表現は避けてください。

また、批判コメントも要注意です。

人物について書くときの注意点

これは事件にかかわらず、常に人物について

記事を書くときに注意してほしいのは

完全なる批判だったりネット上で得た情報を

そのまま鵜呑みにして断言することは避けましょう。

 

例えば…

とある芸能人の前科や浮気についての情報が

載っていたからと言って自分の記事でも

〇〇は浮気していました!いつだれだれと!!

という書き方だとそれが誹謗中傷ととらえられる

危険性があります。ですのでかならず断定はせず

〇〇は浮気していました!いつだれだれと!!

のあとにという噂があるみたいなんですが

本当なのでしょうか??と自分が言っている

わけではないですよーという言葉を入れましょう。

 

芸能人に対してこのような断言をしてしまうと

その人の信用を無くすようなこととなり本人から

訴えられるというケースもないわけではありません。

 

ですのでこれは十分に注意してくださいねっ!!

まとめ

というわけで今回は事件や人物について書くネタの注意点

について解説してきました。批判は断定的な書き方を

しないように!そして暴力的な表現は避けるようにしましょう!