眠い時は寝る!集中力が上がる仮眠法!昼寝のルール

こんにちわ、ビジネスファッショニスタことあおやまです。

今回は仮眠方法について解説していきたいと思います。

眠い時に記事を書いてもいい記事は書けません…。

眠くなった時はそれに逆らわないのがベストです!

あなたは眠くなったらどうしますか?

さて、本業で疲れて帰ってきてごはんを食べて

やっとアフィリエイトの記事を書ける!

という時間になるんですが、このときに眠くなる…

っていうこと経験したことある人がほとんどです。

 

私自身も同じく、どうしても眠くなる時は眠い!

そんなときの対処法として私自身は仮眠をしていました。

しかも短時間仮眠です。

私がオススメする仮眠方法は後々説明しますが

もちろん眠い時でも今しか時間がないから

頑張って書こう!とすると思います。

私も仮眠の習慣がつく前はかなり頑張っていました。

 

そうするとどうしてもやる気が続かない…

しかもいつもよりもさらに記事を書く時間が

かかってしまうんですよね…。

 

だから思い切って眠い時は寝る!

という作戦を取ったところ、スッキリして

記事を調子よく書くことができました。

 

ただ、問題はその仮眠方法を取得するのが

少し大変だということです。

ですので、オススメの仮眠方法をお伝えすると共に

アフィリエイターならではの仮眠習得方法をご紹介!

あおやまオススメ仮眠方法!

まず、仮眠方法についてですが基本的に

短時間仮眠方法を取っています。

なぜなら、仮眠を長時間してしまうと余計に

眠くなってしまうからです…。

ですので15~30分の仮眠がベストです。

 

そしてもう一つは仮眠する前にカフェインを取る。

さぁ寝よう!と思ったときにカフェインを摂取することで

30分後の起きたときにカフェインの効果テキメンとなります!

 

さて、問題は寝る体勢です。

間違ってもベッドや布団で仮眠するのはやめましょう!

起きたときに「もう少しだけ…」と寝てしまいます。

 

パッと起きれる体勢で寝ることがベストです。

私はパソコンデスクにうつ伏せになるカタチで寝ています。

 

私の仮眠の流れはこのような感じですが

まずはぜひあなたの仮眠しやすい体勢を探しましょう。

 

コツとしてはいかにリラックスできる状態で

起きたときにパッと起きれる体勢かどうか?です。

 

最初は15~30分と思ってもすぐに寝付くことはできません。

寝ることが目的ではなく眠気をスッキリさせることが

目的となるので「寝よう寝よう!」としないでください!

習慣づいて来た時に仮眠でもすぐに寝付けるようになります。

 

もう一つの注意点としては仮眠を連続してしないということ。

仮眠を何度も連続で続けてしまうと結局眠気は取れません。

 

ですので仮眠をしてもスッキリしない!

という場合は、私はあきらめて寝て、次の日の朝

早く起きる習慣をつけました。

早起きはいいことばかりなので…!くわしくはこちらの記事を!

早起きアフィリエイターは稼げる!その5か条とは?

 

もちろん人によってやり方はいろいろあるので

選択肢は一つではありませんがぜひひとつのやり方として

私の眠気対策が参考になればと思います!

まとめ

というわけで今回は眠い時は寝る!昼寝、仮眠方法

について解説をしてきました。

①短時間仮眠にすること。

②仮眠前にカフェイン摂取

③仮眠する体勢の確立

この3つを取り入れて仮眠を習得しましょう!