アフィリエイト

記事の書き出し冒頭文の書き方|読者を最初から惹きつけるには?

▼CHECK OUT▼

ブログ記事の書き出しってどこから描き始めていいのか?がよくわからない!冒頭文で手が止まってしまう。と悩んでいませんか?私もコンサルティングをしているとよく質問されます。このような悩みを抱えるのはよくあることなんですよね〜!

まさかとは思いますが冒頭文を適当に書いたりしていませんよね?記事の書き出し部分はブログ記事においてタイトルの次に重要!と言っても過言ではありません。

この記事では記事の冒頭文であなたの記事に訪れたユーザーが離脱しないように”読者が読みたくなる”記事の書き出し冒頭文の書き方と冒頭文がすらすら書けるようになる方法を徹底解説していきます。書き出しがうまく書けずに悩んでいるなら最後まで読んでみてくださいね♪

あおやま
あおやま
この記事を読めばあなたが冒頭文にかける時間は経った2〜3分に短縮される!

記事の書き出しは適当じゃダメ!

まずはどのタイミングで書き出しを書こうとしていますか?

 

 

まさか急に冒頭文から書き始めていませんよね!?笑

実は私も1番最初にブログを書き始めた頃はタイトルをつけたら冒頭文を書き始めていました。もちろんこれも間違いではないですが、どう書いていいかわからない!となりやすい原因の一つでもあります。

そして書き出しがどうしていいかわからないから

こんにちは!◯◯です!今回は◯◯について書いていきます!

だけ。みたいに適当な冒頭文になってしまいがちなんですよね><ですのでまずは冒頭文を書く前に「見出しを決めてしまう」のがオススメです。

見出しを先に考えることによってこの記事でなにを伝えたいのか?が明確になりやすいので冒頭文も書きやすくなる、というわけです♪

書き出し冒頭文こそ力を入れよ

さて、では早速書き出し冒頭文は重要だよ〜!ということについてお伝えすると、Googleは実はこの書き出しの部分もしっかりと記事の評価項目として認識しています。

また、別で設定することができる「サブディスクリプション」という部分は自分の記事が検索結果に引っかかった際に表示される部分を意味しています。

サブディスクリプションはタイトルを捕捉する形で記事でどんなことが書かれているのか?あなたの悩みを解決できますよ〜!ということを伝える要素となります。

サブディスクリプションはGoogleや検索結果に表示される部分に対してタイトルのサブの役割で記事内容を表す重要な部分。

記事の冒頭文もこれと全く同じで冒頭文で読者が解決したい悩みを解決できる記事なのか?を判断してもらえる材料を提示する必要があります。

では、冒頭文で伝えるべき要素を簡単にまとめてお伝えしていきたいと思います。

書き出しで最も伝えたいこととは

まず、第1にあなたが冒頭文で伝えるべきことは

なにが書いてあるのか

読んだ先の未来になにがあるのか

ということです。少し大げさでは!?と思うかも知れませんが、人が検索をするという行為をする場合、必ず解決したい何かがあります。それまでは自分が知らなかった事実を知ることになるのです。

となるともちろんその解決したいものの”答え”が書いてあるというのは当たり前ですよね。そして答えを知った読者がさらにどうなるのか?という未来まで見せることができると読者は間違いなく「おっ!」と冒頭文の部分で惹きつけられます。

なにかの商品をオススメしたい場合の記事であればもちろんこの冒頭文で大きな惹きつけをすることができますし、記事を最後まで読んでもらうことで滞在時間が伸びてGoogleからの評価も上がります。

常に冒頭文では、

答え(Answer)+利益(Benefit)

を見せてあげるようにしましょう。

 

実際にこの記事の冒頭文を見返してみると…?

なにについて徹底解説しています!と”答え”が書いてあり、その後に「2〜3分で書けるようになれる!」というベネフィットが書いてあります。

このようにまずは答えをベネフィットを当たり前のように冒頭文にいれるように意識して書き出し冒頭文をかけるようにしましょう!!

 

意識しながら、最終的には自分の型をつくることをおすすめします!

あおやま
あおやま
型を作ってしまうことでサクッとこなせるようになるからご安心をっ!

書き出しの流れを決めよう!

書き出し冒頭文で伝えるべき重要な2つの要素をお伝えしました。実はこの他にも重要な要素はあります。

  • 悩みを再度提示する
  • 共感する
  • 記事の内容(答え)
  • 未来を見せる(ベネフィット)

このような流れで書くことでより、読者は明確に冒頭文で私の悩みが解決できる!と思えるようになります。

それぞれ簡単に解説しておくと、、、

悩みを再度提示する

まずは読者が検索窓に検索した”意図”から推測してあなたの記事で解決してあげる悩みをもう一度再認識してもらいます。

例)ブログ記事の書き出しってどこから描き始めていいのか?がよくわからない!冒頭文で手が止まってしまう。と悩んでいませんか?

共感する

悩みや解決したいことについてその悩みすごくわかります!と共感してあげます。

例)私もコンサルティングをしているとよく質問されます。このような悩みを抱えるのはよくあることなんですよね〜!

記事の内容(答え)

そして記事の内容と、先ほどの悩みが解決できるよ〜!ということを伝えます。

例)この記事では記事の冒頭文であなたの記事に訪れたユーザーが離脱しないように”読者が読みたくなる”記事の書き出し冒頭文の書き方と冒頭文がすらすら書けるようになる方法を徹底解説していきます。書き出しがうまく書けずに悩んでいるなら最後まで読んでみてくださいね♪

未来を見せる(ベネフィット)

最後に、ベネフィットの部分を見せてあげるとよりこの記事を読みたい!と読者に思ってもらうことができるので未来の姿をイメージさせてあげましょう!

例)この記事を読めばあなたが冒頭文にかける時間は経った2〜3分に短縮される!

 

以上の流れをうまく自分で型を作ってみましょう。私の場合はベネフィットの部分を私がしゃべっている吹き出しの形にしています。この流れで冒頭文を書く練習をこなしていけば間違いなく2〜3分で冒頭文はかけるようになるので時短しつつ、冒頭文でしっかりと読者を惹きつけちゃいましょう♪

SORA’S FOCUS

今回は「記事の書き出しが書けない!」と悩むあなたのために書き出し冒頭文の役割の重要性と書き出しの書き方の流れを解説してきました!

私もブログを始めた頃はなにから書けばいいの!?と悩んでいましたが、冒頭文の役割を理解して自分なりのテンプレートのような流れを作ってしまえばかなり楽になるので実践してみてくださいね♪

メルマガ登録