トレンドアフィリエイト

読みやすい記事の書き方とは?ライバルに差をつけるオリジナルさを!

▼CHECK OUT▼

今回は読者が読みやすい記事を書くには

何に気を付けたらいいのか?ポイントを

解説していきたいと思います。

流れをマスターしてしまえば書くスピードも

だんだん上がってくると思います!

タイトルが決まったあとの記事を書く流れ!

タイトルを書いたら次はデスクリプション。

いわゆる冒頭文というのをさらっと書きます。

 

タイトルを少し膨らませたあらすじを書きましょう!

今回は〇〇について書いていきたいと思います!

普段〇〇だと思っていた〇〇が実は違ったなんて!

調査の結果あの秘密が明らかに!!

例えばこんな感じです!

 

そしてこれが終わったら見出しを先に決めます。

タイトルの中にはキーワードがいくつか

含まれていると思いますのでそれをひとつずつ

見出しにしていけばOKです!!

 

具体例)キムタクの性格や口癖は?子供の名前を調べてみた!

このようなタイトルを作ったとします。

この場合ならばそれぞれのキーワードを見出しにします。

見出し①キムタクの性格は実は・・・!?

見出し②キムタクの口癖はやはり「ちょ待てよ」!?

見出し③キムタクの子供の名前は?由来は?

 

このように見出しを先に入れることで自分が

書いていく流れが把握できると共に読者にも

伝わりやすい文章となります。

 

あとはそれぞれの見出しに対して

調べた情報を書いていき、自分の意見を

たくさん盛り込んでいきましょう!!

※ただし、批判となるような意見は×

 

そして最後にまとめとして締めくくります。

これで記事が完成です!!

ポイントは伝えたい要点を絞ること!

それぞれの見出しの中身を書くときの注意点ですが

伝えたいポイントは絞ってください!

ひとつの見出しに見出しの内容以外のことが

たくさん書かれていると読者としては

そんなことが知りたかったんじゃない!となります。

 

また、違う内容を混ぜていくと文章に脈絡が

なくなってしまい「なにが言いたいんだ?」という

文章になりがちになってしまうので気を付けましょう!

読者の気持ちになって見直す

そして書き終わった時にぜひやってほしいのが

読者の気持ちになって読み返すことです。

誤字脱字や間違いがないかをチェックすると共に

見出しの内容に沿っているか?

文章がおかしくないか?タイトルでつけたキーワードで

検索してきた読者が知りたいことが書かれているか?

 

これを必ず意識しながら見直しましょう!

そしてチェックが終わったら投稿完了ですっ!!

まとめ

というわけで今回は読者が読みやすい記事の

書き方と流れについて解説してきました。

読者目線に立って見直す。というちょっと手間のような

作業がのちのちの結果の差を生み出すので

ぜひこの流れで取り組んでみてください!

メルマガ登録