通信

私が3大キャリアを離れ格安SIMに変えた理由と流れ【徹底解説】

▼CHECK OUT▼

ズバリ。あなたはスマホ代、今いくらかかっていますか?

あおやま
あおやま
私は2018年12月の料金が…855円でした。笑

どうですか?きっとこの記事にたどり着いたあなたはこの料金よりもかなり高い金額を払っているのではないでしょうか。(ちゃんとiPhoneを使って快適にLINEやSNS、ネットサーフィンなどを楽しんでいます。)

まさかまだ5000円〜10000円を毎月払っていたりしませんよね?それ、かなり損してますよ?笑

この記事では私がおすすめする格安SIMに変えるまでの実際の流れや通信費を抑える手法を徹底的に解説していこうかなと思います♪

実はここだけの話…この記事を書こうと思ったのは自分の周りの様々な起業家仲間さんが意外と悩んでいて相談に乗らせていただいたことがきっかけ。後ほどお伝えしますが私自身なぜか通信業界の料金やコスパを高くする方法などをリサーチするのが好きで気づけばいろんな知識を身につけていました。笑

その全てをできるだけここに!!!

スマホ代や通信費って…

さて、改めてまずはスマホ代・通信費に毎月いくら払っているのか?そもそも把握できていますか?実はスマホやパソコンの接続に必要な「通信費」は生活していく上で必要な出費ですし人生という大きなくくりで見ても支出の中で多くを占める費用の一つとなってきています。

ここで仮に20歳から自分でスマホを持ったとしましょう。月額6000円で60歳まで持っていたとしたら。

6000円×12ヶ月×40年=2,880,000円

単純計算ではありますが288万円の支出です。しかもこれはあくまでもスマホ代だけ。家でWi-Fi環境を整えたり、ポケットWi-Fiを持つと当たり前のように月1万円ほど払うことになるはずです。

何百万もこれからかかってくる可能性のある通信費。できるだけ早く見直す必要があると思いませんか??

あおやま
あおやま
お金を稼ぐという攻めの部分ももちろん生きていく上でかなり重要ですが、お金を守るということも非常に重要です。無駄を減らしてより自分にあったプランを使いましょう♪

私のこれまでの通信会社遍歴

実は私は3大キャリアを全て経験しています。そして現在は格安SIMを使っています。どのような流れで現在に至ったのか?の遍歴をここでは少しだけお伝えしますね♪

  1. ドコモ
  2. au
  3. ソフトバンク
  4. au
  5. mineo
  6. LINEモバイル

私が最初に携帯を持ったのは中学生のころ。その頃は私の親がドコモに入っていたこともあり、ドコモの携帯を持たされました。

そしてauが登場して様々なラインナップの携帯本体が発売されて、そのタイミングでどうしても欲しい端末があったのでauにしたい!と親に告げると…

「auに乗り換えたらどんなメリットがあるのか?材料を集めて説明して」と言われたんですよね。笑

あおやま
あおやま
今でも覚えてるけどこの時から通信会社の料金のシステムをやたら調べるようになって、気づけば比較したりするのが好きになってたなぁ〜。

そしてこの頃圧倒的にauの方がお得で交渉にも無事成功して家族みんなでauに乗り換えました。ここからなぜ、上記の流れで通信会社を変えたのか?理由と共に表にしてみました。

ドコモ▷au 欲しい端末がauにあった&auの方が安い
au▷Softbank iPhone発売
Softbank▷au 乗り換えのキャッシュバックでiPhone最新機種をお得
au▷mineo 格安SIMが段違いに安い
mineo▷LINEモバイル mineoでLINE年齢認証ができなかった&LINEモバイルの方が安い

様々な理由がありますが、私の場合は完全にApple信者と化してしまったのでiphoneを安く手に入れるためだったりスマホ代をいかに節約しつつ快適に使えるか?という観点で現在のLINEモバイルというところまできました。

かなりそれぞれの通信会社を経験してきたからこそ今お伝えできることは間違いなく格安SIMの方がお得だということ!問題なく快適にスマホ利用できるので乗り換えのチャンスです♪

格安SIMって?そもそもなに?

では、いよいよ格安SIMってなんなの!?ということについて解説しますね。

まず簡単に一言で説明すると、

3大キャリアよりもプランやサービスを制限することで安価で利用できる通信会社のsimカード

を指します。simカードはスマホの中に入れている小さなチップのことです♪このカードで通信を行なっています。

格安SIMは、大手の3大キャリアの通信網の一部を別の会社が借りて通信事業を行なっています。つまり通信のネットワークについては格安SIMにしたとしても3大キャリアのどれかを使っているということになるんですよね!

じゃあなんで安いの?

という疑問の声が聞こえてきました。笑

当然の疑問ですよね?なんで通信網は一緒なのに格安になるのか…?その答えは実はauやドコモ、SoftBankが大きな利益を出しているから。これについては後ほどお伝えしますね♪

ただ、、、金額が安いからと言って通信がちゃんとできなかったら元も子もないですよね。快適にスマホを使えて格安な状態。コスパが良い状態で利用できるのが一番です。そこで格安SIMの一般的なメリットとデメリットを簡単にまとめておきます。

格安SIMのデメリット

まずは先にデメリットからお伝えしていこうと思います。

  • 3大キャリアより速度は劣る
  • キャリアサービスが使えない
  • 変えるのがめんどくさい?
  • 変えた後に少しだけ初期設定が必要
  • LINE IDの検索ができない

以上の5つが注意したいデメリットです。ただ、どれも正直解決可能なものばかり。笑

一つずつみていきましょう〜♪

1.3大キャリアより速度は劣る

まずは3大キャリアとの大きな違い。それは速度の数値の問題。例えばあなたが今渋谷のしクランブル交差点のど真ん中にいたとしましょう。

3大キャリア回線に契約してる場合は当然のごとく快適に使用できています。周りにも同じ回線を使っている人がたくさんいたとしても。

ただ、格安SIMの場合はその3大キャリアの一部を借りて回線を運用しているので回線の太さが違います。渋谷の中で同じ格安SIMを契約している人同士でその回線を奪い合う形になって少し回線の速度が落ちてしまう…と言う現象が発生してしまいます。

あおやま
あおやま
え、じゃあ人が多いところだと速度が落ちるってこと?って思いますよね。

正しく言うと、同じ回線を使う人が多ければ多いほどもちろんその回線のキャパシティを埋めていきます。3大キャリアはそのスペースが大量にあるからこそ快適な通信ができていると言うことです。

 

そしてこれを数値で比較してみると…

  • ドコモ|平均34Mbps
  • ソフトバンク|平均45Mbps
  • au|平均81Mbps

 

3大キャリアでは圧倒的にauが勝利ですが、、、

  • LINEモバイル(ドコモ回線)|平均9Mbps
  • LINEモバイル(ソフトバンク回線)|平均53Mbps
  • mineo(ドコモ回線)|8Mbps
  • mineo(ソフトバンク回線)|13Mbps
  • mineo(au回線)|25Mbps
  • BIGLOBEモバイル(ドコモ回線)|21Mbps
  • BIGLOBEモバイル(au回線)|25Mbps

このように格安SIMは3大キャリアのスピードに勝てません。それでも群を抜いてるのはLINEモバイルノソフトバンク回線ですね。笑

 

ただし!!!

数値でみると当然3大キャリアの方が速いです。でも、人が快適に感じる速度は格安SIMでも余裕で満たしている、と言うことです。

あおやま
あおやま
私自身も数値だけみて、この部分はちょっと不安でした。でも格安SIMに変えても体感として速度が落ちたな〜と言う印象は全くありませんでした♪

数値で比較すると速度は落ちるものの、体感としては何も変わらない場合がほとんど!と言うことです。ただし、通勤時間や帰宅時間などは同じ回線を利用する人が一気に増えて速度が落ちやすくなることも。(これも私は使っていて速度の遅さを感じたことはありません。)

2.キャリアサービスが使えない

契約する会社が変わってしまうのでキャリアのサービスを使うことができません。

一番のキモはキャリアのメールサービス。

  • @docomo.ne.jp
  • @ezweb.ne.jp
  • @softbank.ne.jp

などのキャリアで提供されていたメールアドレスが使えなくなってしまいます。ですのでもしも重要な登録をキャリアメールでしている場合はGmailなどの他のメールアドレスに変更をしておく必要があります!

かなり多くの登録をキャリアメールアドレスで行なっている場合は少し面倒ではありますが、節約できる金額を考えると我慢すべき部分ですね♪

3.変えるのがめんどくさい?

一番のデメリットはこれかもしれません。笑

3大キャリアを当たり前のようにこれまで使っていて、しかも1つのキャリアを使い続けてるという場合は3大キャリアに依存している機能がたくさんある可能性も。

そうなるとただ変更するだけではなく前準備も必要となる分めんどくささが増えてしまうんですよね。

ただ、それでも長い目で見た時に

  • めんどくささを取るのか、、、?
  • 何十万以上の差でお得を取るのか、、、?

あなたはどちらを選ぶでしょうか?

4.変えた後に少しだけ初期設定が必要

3大キャリアであれば基本的には店舗で契約して通信できているかその場で確認するのですぐに使うことができますよね。

格安SIMの場合はSIMが届いたタイミングで少しだけ初期設定をする必要があります。

ただ、この設定のやり方はこの記事で紹介してる3社はちゃんと冊子で詳しくやり方が書いてあるので全然難しくありません。

もしわからなくてもサポートセンターもあるので聞いちゃえば解決ですね♪

5.LINE IDの検索ができない

LINE IDの検索。新しい友達とライン交換するのに必要ですよね。実は格安SIMでは、LINEの年齢認証ができないのです。

そのため、ID検索ができないというちょっと致命的?とも言えるデメリットが。

ただ、LINEモバイルでの契約であれば年齢認証できるので格安SIMの中で唯一ID検索も可能なのはLINEモバイルとなっています!

あおやま
あおやま
ちなみにこの年齢認証ですが裏技的方法があったりもします。笑

ですのでこのデメリットの解決可能♪

格安SIMのメリット

まずは

  • とにかく月額料金が安くなる
  • 毎月容量を変えられる
  • 自分にベストなプランが見つかる
  • 契約の縛りがない、短い
  • iPhoneなど高額な本体の割引が少ない

1.とにかく月額料金が安くなる

まず最大のメリットはやはり月額料金を抑えられる、ということです。

私自身は

7000→855

90%近く費用を抑えられました。

ほかにも私がアドバイスしたかたは

なんと10分の1!

6600円→660円

 

パソコンやiPadも使うヘビーな方

10000円→3500円

と劇的に安くスマホ代を抑えられています。これをみてもわかるようにそれぞれにスマホの使い方に特徴があります。ぜひあなたにベストなプランを見つけていきましょう〜!

2.毎月容量を変えられる

3大キャリアには絶対にないメリットがこちら。

変更の手数料などはもちろん一切なく翌月の容量を変更できるのは格安SIMの大きなメリット!

例えば6ギガのプラン契約しているけど1ギガしか使わなかったから来月は6ギガが繰り越されてしまうけどそれを変更して翌月は3ギガにしよう!ということができます♪

3.自分にベストなプランが見つかる

電話を一切使わない人や使うけど基本5分とか10分の電話が多い人。

また、SNSばっかり利用する人やYouTubeをめちゃくちゃ見る人。

それぞれにベストなプランがあり、3大キャリアよりもかなり安くなります。

あおやま
あおやま
3大キャリアのプランは決まりきってしまっていて自分には勿体無い…と思っていませんか?

これも格安SIMの大きなメリットですね!

4.契約の縛りがない、短い

3大キャリアは2年縛りか当たり前。

ですが格安SIMは縛りが一切ないものもあれば縛りがあっても1年だけ。というものばかり。

ちなみに私がオススメしている3社は

  • LINEモバイル→1年縛り
  • BIGLOBEモバイル→13ヶ月縛り
  • mineo→1年縛り

2年と1年では大違いですよね!

また、他の格安SIMでは縛りが全くなかったりするものも。

2年縛りとか3年縛りが当たり前じゃなくなります!

 

3大キャリアはぼったくりすぎる?

3大キャリアといえば、ドコモ、au、 Softbankですよね。

ほとんどのかたがまだまだこの3社の回線を利用している状況だと思います。私も先ほどお伝えしたように3大キャリア全て利用経験があります。

世の中的に言われてる金額の平均としては6000円〜8000円は普通にスマホを快適に使っていると行ってしまうでしょう。

そしてその3大キャリアが使っている通信網の一部を借りて運営してるMVNOと呼ばれる格安SIMの会社はもっと安い価格を実現しています。

世界的にみても日本の通信費用は高い!とされています。

あおやま
あおやま
フランスのFREEという通信会社では100Gのプランでも2000円ほどだそうですよ。笑

ですので一概にぼったくり!とは言えませんがやはり通信費用が3大キャリアは高めであると言わざるを得ないかもしれません。

だからこそ格安SIMが登場して、スマホをいかに安く快適に使えるか?が重要になってくるということになります!格安SIMと一言で言ってもその会社はすでに山ほどあります。笑

その中でも私が信頼していて実際に使った経験のある3つのSIMをご紹介しますね!

私がおすすめする格安SIM

私が実際に使った経験があるのはmineoとLINEモバイルです。そして現在かなり興味を持っているのがBIGLOBEモバイル。それぞれに特徴があります。

これがベスト!

という格安SIMの会社は人によってそれぞれ変わってきます。ですが基本的にはこの3つの会社のどれかにほとんどの人にぴったりのプランがあるでしょう。では、それぞれのプランを簡単にお伝えしますね♪

mineo

mineo(マイネオ)
mineoは私が最初に選んだ格安SIMです。とにかくかなり安いのが特徴ですが他にもmineoの一番の特徴は「コミュニティ力」です。「マイネ王」というmineo利用者のコミュニティがあり、ユーザー同士の交流の場があると実は安心な面もたくさん!
オススメ度
対応キャリア端末 ドコモ、au、ソフトバンク
オススメな人 格安SIMデビューで手厚いサポートがほしい方
特徴 顧客満足度NO.1|サポートが手厚い|パケット分け合い

mineoで私が重宝していた機能は「フリータンク」という機能です。基本的に当月残ったパケット数は翌月まで繰越せます。ですがさらにその次の繰越しはできないのでそういう時にはフリータンクにおすそ分けできます。

そして逆に月の終わり頃に契約しているギガ数がなくなってしまった場合は25日以降になると1GBだけもらうことができます。もちろん無料で。この機能は意外と嬉しいですよ♪

▷mineo公式ページ

LINEモバイル

LINEモバイル
LINEはキャンペーンのインパクトがすごい!そしてやはりあのLINEの格安SIMということもありLINEに関してはパケットはカウントフリーになるのも嬉しいですよね♪
さらにはSNSのカウントフリーもあるためInstagramやTwitter、Facebookを多用する方にはNO.1の格安SIMです。
オススメ度
対応キャリア ドコモ、au、ソフトバンク
オススメな人 SNSが大好き
特徴 LINEがカウントフリー|他SNSもカウントフリー|

私が現在利用しているのがLINEモバイルです。

何と言っても最高なのはデータフリーというもの。対象のサービスを使った時は契約しているギガ数へのカウントがされることなく通信量がかからずに見れるということです。

これはちなみに逆を言うと通信制限がかかってしまっても対象のサービスは高速通信で見れると言うこと!LINEやSNSが通信量を気にすることなく見れるのはかなり嬉しいですよね♪

ちなみにプランにより対象のサービスは変わりますが、

  • LINE
  • LINE MUSIC
  • Twitter
  • Instagram
  • Facebook

この5つのサービスがデータフリー対象となっています♪

あおやま
あおやま
LINEはもはやほとんどの人が毎日利用するアプリになっています。LINEはチャットはもちろん通話もビデオ通話もカウントフリーなので気兼ねなく利用しちゃいましょう♪

▷LINEモバイル公式サイトへ

また、唯一LINEの年齢認証をすることができる格安SIMがこのLINEモバイル。年齢認証をしないと「ID検索」ができないのでこれが他の格安SIMでは意外と不便><私はこれも大きな理由となりmineoからLINEモバイルに変えました!

BIGLOBEモバイル

【BIGLOBEモバイル】初期費用0円&音声/3ギガが6カ月間 400円(税別)/月(2/3まで)
BIGLOBEモバイルはキャンペーンのレベルが半端ない!というのが大きな特徴。また、格安SIMの中でも大きなメリットとなるエンタメフリーオプションもすごいオプション。月480円でYoutubeやAbemaTVのパケット代がかからなくなるので動画が好き!という方には間違いなくオススメ♪
オススメ度
対応キャリア ドコモ、au
オススメな人 動画が大好き
特徴 エンタメカウントフリー|

すでに見ればわかると思うかもしれませんが、何と言ってもBIGLOBEモバイルは「エンタメカウントフリー」と言うオプションが最強です。

Youtube・動画好きはこれ一択

です。Youtubeの視聴を通信量を気にせずチェックできてしまうのでこれは利用しない手はありませんよ♪

▷BIGLOBEモバイル公式サイトへ

格安SIMに変える前に…

格安SIMの存在を知っていて。しかも今この記事を見ていてなぜ「格安SIMに変える」という行動ができないのか?というと

  • 不安な要素がある
  • めんどくさい

このどちらかではないでしょうか?

図星ですね?笑

ですがせっかくこの記事を見たのであればぜひ本腰をあげて動いていただきたいな〜と思っています。

もしも現在8000円払っていたとしたら年間で96000円がスマホ代としてかかっていることになります。それがもし2000円になったとしたら?24000円で済みます。

96000円-24000円=72000円

年間72000円の節約に

75%の削減ができます。これから通信費というのは絶対にかかってくる出費となるはず。不安はしっかりと取り除いてぜひめんどくさがらずにこれを機に変えちゃいましょう!笑

 

では、私が実際に3大キャリアから格安SIMに変える前のタイミングで確認&実行したことについてお伝えしておきます。

  1. 自分のスマホの使い方の把握
  2. メールアドレスの確認
  3. スマホ本体の調達について
  4. 各社ポイントの処理

 

確認していただきたいのは全部でこの4つです。

あおやま
あおやま
格安SIMに変える前に必ず確認しておくべき部分なのでしっかりとチェック

自分がどう使ってるのか?を把握

格安SIMの良いところは自分にあったプランを見つけられるところ。となるとまずは自分がスマホをどのような使い方をしているのか?を把握しておく必要があります。

例えば…

  • 電話がほとんどでネットサーフィンはあまりしない
  • 電話は一切しないけどLINEやSNSはめちゃくちゃ使う
  • とにかくYoutube!動画!
  • それなりに色々使うけど家でwi-fi繋げてるかも。
  • パソコンに携帯からネット接続する(テザリング)

などなど…

簡単にあげてみただけでもこのようにスマホの使い方は様々なんです。そしてぜひあなたがどのようにスマホを普段使っているのか?をチェックしてみてくださいね。

必ずチェックすべきは

  1. 今現在のプラン
  2. 月に使っている電話代(時間)
  3. 月に使っている通信量(GB)
  4. 主な使用用途

です。この4つの指標でまずは自分を見つめ直しましょう♪

意外と携帯代ってめんどくさくてプランはショップ店員に薦めてもらったやつでいいや…なんてこともよくある話です。これを機にしっかりと見直していきましょう!

また、電話代については格安SIMによって様々なオプションプランがあり、「5分以内なら何度でもかけ放題」「月60分までかけ放題」など種類も色々とあるのでよく電話する場合は自分にあったものをチョイスするのがおすすめ!

そして一番重要なのは月の通信量。もしもこれが30GBなど大容量の場合は正直格安SIMはおすすめできません!そのままたっぷりと3大キャリアのままで使うことをオススメします♪

あおやま
あおやま
通信量はどのくらい使うのか?は大切だけど格安SIMの場合はいつでも翌月のプランを変えられるから毎月自分のバランスで使えるのがとても重宝しています!

と言うことでしっかりと自分がどうスマホを使っているのか?を把握しておいてくださいね!

解約時期の確認

3大キャリアの大きな特徴はやっぱり「解約金」&「縛り」です。

あなたが今使っているスマホの回線をいつ契約したのか?によって「更新月」と呼ばれる解約金が発生しない期間があります。

それがいつなのか?をチェックしましょう。

あおやま
あおやま
基本的にはこの更新月が半年以内でなければ解約金を払ってでも格安SIMに変えた方がお得な場合がほとんどですよ〜♪

メールアドレス・電話番号の確認

3大キャリアを使っている場合は基本的にキャリアからもらっているメールアドレスを使っているかたが多いでしょう。

格安SIMに乗り換えるとキャリアのメールアドレスは使えなくなってしまうので友人や仕事関係など重要な人とのメールは違うアドレスをお知らせしたりしておきましょう。

あおやま
あおやま
メールはGmailが一番おすすめですよっ!

スマホ本体の調達

さて、ここまではSIMと言う通信部分のお話をしてきましたが、当然のことながらスマホ本体も必要となります。ただ、ここで選択肢は2つあります。

  1. 保有しているスマホを利用する
  2. 新しい端末をGET用意する

新しい端末を用意する場合は格安SIM端末セットで購入すると言う方法もあります。端末とセットで3000円しないものもあるので安いですが、現在3大キャリアの場合はiPhoneなど高単価の端末を持っている可能性が高いと思うのでまずはそのまま保有しているスマホを利用することをおすすめします!

各社ポイントを処理

3大キャリアはそれぞれ独自のポイントシステムがあり、利用金額に応じてこれまで付与されてきたと思います。

ドコモ         |dポイント

au       |au WALLET ポイント

ソフトバンク |Tポイント

もうして並べてみたらひょっとして気づいたかもしれませんがどれも解約したあとも使うことが可能なポイントとなっています。ただし、auWALLETの場合は解約前にポイントをウォレットカードにチャージする必要があります。

ポイントの処理についてはそれぞれあなたのキャリアのポイント明細をチェックしておきましょう!

あおやま
あおやま
ここまでが格安SIMに変える前に確認しておいて欲しい部分!

  • どの格安SIMが合っているのか?
  • ベストタイミングはいつなのか?

をぜひ見定めてみてくださいね〜!

格安SIMに変えよう!気になる流れとは

ということでここまでで格安SIMの中でもオススメの会社や変える前の注意点をお伝えしてきました。あとはいよいよ格安SIMに変えるだけ!

手順についても不安な部分があると思うので流れをご紹介します!

格安SIM変更の流れ
  1. 3大キャリアにてMNP番号の発行
  2. 格安SIMをWEB契約
  3. SIMが届いたら自分で交換
  4. 初期設定を行う

ここではあえて細かい解説は入れません。3大キャリアそれぞれのMNP番号の発行については下記にリンクを貼っておきますのでこちらからご確認を♪

MNPの予約番号が取得できたら格安SIMのサイトで契約を行いましょう。(この契約の時にMNP予約番号を入力する箇所があります。)

契約手続きが終わったら数日後にSIMカードが自宅に届くので初期設定を行います。

初期設定は難しそう…と思うかもしれませんがとても簡単ですよ〜!私は1分くらいで終わらせられました!

これで無事に格安SIMへの乗り換え完了です♪

 

解約手続きはどうすればいいの!?

とひょっとしたら思っているかもしれません。実はMNP番号を発行して格安SIMでの契約手続きが行われたことによって自動的にもともとのキャリアでは解約の処理がされます。ですのでとくに何かこの後にする必要はありません。ご安心を♪

Sora’s Focus

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事では私が3大キャリアから格安SIMに変えた理由と流れについて全てまとめた記事をなっているので長編となってしまいました><

それでも大まかな概要を理解してほしいという内容になっているのでまだまだひょっとしたら疑問が絶えないかもしれません。笑

何かご質問や疑問がある場合はコメントしていただければと思います!私自身、常に3大キャリアや格安SIMの情報を知識をして蓄えるのが好きなのでせっかくならこの知識を使って周りの方々の通信費の節約のお手伝いができれば!と思っています!

あおやま
あおやま
家族や友人はもちろん、起業家仲間の方まで相談していただきかなり安くなった!と喜んでいただいています♪
メルマガ登録