ビジネスマインド

【必見】強みがない人わからない人でも見つけて自信が持てる考え方

▼CHECK OUT▼

自分の強みってなんだろう?就活の際や昇級面談、昇進面談など様々な場面であなたの強みはなんですか?と聞かれることも多いですよね。

そのために自分の強みをなんとか見つけなきゃ!と思うけどなかなか見つけられない…そんな経験ありませんか?そして未だに自分の強みが何かがわからない…という人もきっといるかと思います。

この記事では、「強みがない!」「自分の強みがなんなのかわからない!」と思っている方でも見つけられる考え方と手法をお伝えします。

あおやま
あおやま
強みって誰しもが持っているもの。ないなんてありえないと私は思っています。

強みがない。わからないはありえない?

私にはなんの取り柄もない。私には強みなんてない。そう決めつけている人が実は多いんですよね。(私も前はそう思っていました。)

ただ、実は誰しもが強みは兼ね備えています。

 

さて、きっとあなたもこんな話を耳にしたことがあると思います。

外国人は「少しでもできたらできると言う」

日本人は「完璧にできたらできると言う」

日本人はなぜか完璧主義なところがあります。英語をペラペラ話すことができて初めて英語喋れます!と言いますが外国人は日本語を少しでも話せたらできる!「おはよう!」「こんにちは!」と言ったようにすぐにしゃべり始めちゃいます。

これが実はあなたが強みがない、わからないと思っている壁になっている可能性が大きいのです。

強みがないのではなく見つけられていない

強みがわからないのではなく強みを強みだと思えていない

のです。この壁さえ取っ払ってしまえばすぐにでも私の強みはこれだ!と言うものがひとつどころかたくさん出てくるでしょう。

 

これをわかりやすくズバリ!あなたに質問です。

強みかな〜と思ってるけどでも他にもできる人いっぱいいるしな〜と思ってることありませんか?

この質問でもしも心当たりがあるのであればそれはもうあなたの強みと断言してしまいましょう!

あおやま
あおやま
強みっていろいろとあるしひとつである必要もない。さらにこの後お伝えする考え方であなたにしかない強みを生み出しましょう!

強みを見つけるためのたったひとつの考え方

さて、強みについてないということはない!とお伝えしました。ではどのようにして強みについて考えるべきか?ということ、そしてあなたにしかない強みの生み出しかたについてお伝えします。

この記事で覚えていって欲しいことは、

強みの掛け算をする

ということです。人の強みは一つとは限りません。複数あるはずです。その強みをうまく掛け算して考えるようにしてみましょう。

そうすることによってひとつの強みだけでは誰しもがもってる強みになってしまうかもしれませんがいくつもの強みを掛け算的思考で組み合わせることによってより、あなただけしか持たない強みに近づき魅力的に見えます。

 

では、ここで私自身が就活をしていたころの強みの例をご紹介しますね♪

私が考えていた強みは

  • 自分にストイック
  • 好奇心旺盛
  • 計画的に行動する

ということでした。

この3つは正直誰でも持っているような強みかも知れません。ですが、これらを掛け算的思考で考えていくとよりその人自身の強みになってきます。

私が常にこの強みをアピールするために伝えていたことをまとめてみると…

「手帳に予定を埋めるのが好き」ということでした。好奇心旺盛だからこそいろんなことにチャレンジしたくなるし、できるだけびっしりと勉強でも遊びでも手帳の予定を埋めて常に自分にストイックに行動していました。それでもちゃんと自分をコントロールして計画的に動けるように手帳を使うことで予定を管理していました。

このようにエピソードと共に伝えるとそれぞれの強みが関係しあってあなただけの濃い強みへとなっていきます。上記は単なる一例ですし、もっと掛け算的に組み合わせることによってオリジナリティは出せるでしょう。

 

と、ここまではいわゆる面接などでの自分の強みについてでした。私がもう一つお伝えしたいのはビジネス的はあなたの強みについてです。どんな人でもあなたにしかない体験やスキルがあったりします。それこそが実は本当にあなたの強み。

私の場合は…

  • 元アパレル店員
  • スタバ好き
  • ディズニー好き

というところでしょうか。他にも細かい部分は色々とあります。私の場合は現在、WEBとブログの戦略コンサルタントということで活動をしていてアフィリエイトで稼ぐ方法やブログを使って集客する方法をコンサルティングしています。

でもこのような職業は業界を見てみるとたくさんいるんですよね。では、どこで差別化するのか?ここがいちばん重要です。

そこで差別化を図るのに必要なのが「強み」なんですよね。自分にしかない組み合わせを作ることで他にはないオリジナルな自分を作り出せる。

 

自分の強みを見つけて「掛け算的思考」をすることで自分に自信がつきますし、他の人との差別化もできる。もうメリットだらけです。私はこの掛け算的思考で強みについて考えてから人生が大きく変わりました。

就活や自分をアピールする時はもちろん、ビジネスの様々な場面でも活用できるのでいますぐあなただけの強みを作ってしまいましょう♪

あおやま
あおやま
強みがない…わからない…というのはとても勿体無いです><いますぐに強みを見つけるための方法を実践し、そのあとに掛け算的思考で強みを掛け合わせていきましょう♪

強みを見つけるための方法

強みの掛け算についてお伝えしたところで…肝心の強みをどうやって発見すべきか?というところです。

私が実際に行ったのは「ブレインダンプ」です。強みについて知ることができそうなテーマでブレインダンプを行いました。(【効果絶大】ブレインダンプとは?やり方や潜在意識と対話方法!

また、他己分析として親友や普段一緒にいる家族に協力してもらうのもオススメです。協力をしてもらう前にまずは自分自身で以下のテーマでブレインダンプを行ってみてくださいね!

  1. 小学生の頃にはまっていたことは?
  2. 中学生の頃にはまっていたことは?
  3. 高校生の頃にはまっていたことは?
  4. 今現在ハマっていることは?
  5. これまでにどんなことで褒められた?

この5つのテーマでブレインダンプをすることで様々なあなたの側面が見えてくるかと思います。ぜひお試しを!

 

また、どうしても自分の強みが思いうかばない…と言う場合は下記の本がかなりおすすめ。

この本ではストレングスファインダーということでまさに強みの発見ができるシートが封入されています。WEBテストとして受けることができるのでまずはここからヒントを得てみるのもおすすめですよ♪

 

あとはブレインダンプで出てきたキーワードやストレングスファインダーで出てきたキーワードを「掛け算的思考」で組み合わせて自分のオリジナルな強みとそのストーリーを作りましょう!

これでもう「強みがない…」「自分の強みがわからない…」なんて言わせません!迷える自分とおさらばしましょう♪

SORA’S FOCUS

ということで今回は強みがない!わからない!とい人を対象に見つけ方や考え方をお伝えしてきました。まずはブレインダンプをして見つけましょう。

そしてそれをより強固に自分の強みだ!と思えるようにするために「掛け算的思考」をしましょう。この時に例のようにエピソードっぽくしておくといつでも強みを伝えられるようになるのでおすすめですよ〜!

ブレインダンプの手法や詳しいやり方についてはこちら

【効果絶大】ブレインダンプとは?やり方や潜在意識と対話方法!この記事ではブレインダンプについての全てを知っていただきます! あ〜〜頭の中がぐちゃぐちゃ…そんな経験ってありませんか?仕事につい...

 

メルマガ登録