大卒と高卒の生涯年収の違いがやばい!?差は初任給にも!解決策とは?

こんにちは、あおやまです。

今回は「大卒と高卒の生涯年収の違いについて」をテーマにお伝えしていきたいと思います。実は、私自身は大卒でアパレル店長を経験しています。ただ、私の友人には高卒で就職をしている人もいます。

生涯年収の違いを比べてしまうと当然のように大卒の方が上。というのは紛れもない事実です。ただ、それはあくまでも会社員として働いていたら、という前提においての話。

実は自身でビジネスを初めてしまえば、高卒や大卒という学歴の壁なんて一切ありません。これらについて今回はお伝えしていきます。

大卒と高卒の差は初任給で丸わかり

それではまずは大卒と高卒の初任給の差についてからチェックしていこうと思います。正式なデータを活用するために厚生労働省の資料を参考にしたいと思います。

『平成28年賃金構造基本統計調査結果(初任給)の概況』

という資料にて学歴別、男女別の初任給に関する数値データが記載されていますのでこれを参考に今回は大卒と高卒の初任給の平均額だけを抜粋すると

平均初任給 男性平均 女性平均
高卒 161,300円 165,500円 157,200円
大卒 203,400円 205,900円 200,000円

このようなデータとなっています。男女関係なく初任給の差を考えると

203,400円ー161,300=42,100円

の差があるということになります。初任給は月給の数値なのでこれを12ヶ月、1年間で考えてみると

42,100円×12ヶ月=505,200円

となり50万円以上の差となってしまします。また、この数値では残業を考慮していないんですが、当然のごとく基本給についても大卒と高卒で差があることを考えると残業の時間が長ければ長いほど、この大卒と高卒の差は広がっていく。ということになります。(※残業手当の計算方法が基本給×1.25の場合)

初任給だけで見比べてみてもすでに50万円以上の差が生まれるということはこれを生涯年収として考えるとどのくらいの差になってしまうのでしょうか?

初任給というのは当然のごとく会社に入って初めてもらえるお給料のことを指します。これからその会社で何十年という年月を過ごすかもしれない!ということを考えると、、この50万という差は恐ろしいほどに広がるでしょう・・・。

大卒と高卒の生涯年収の違いとは?

初任給のデータを通して年間で約50万円の差があるということがわかりました。

ではこれを生涯年収をしてさらに計算してみるとどのくらいの違いが生まれるのか?ということを計算してみましょう。

共に65歳が定年だと仮定して計算してみると

高卒=18歳 65ー18=47年

大卒=22歳 65ー22=43年

高卒であれば47年働き、大卒であれば43年間働くということになります。

これで先ほどの初任給から一切昇給せずに変わらず給料がもらえたとすると

高卒は

161,100円×12ヶ月×47年=90,860,400円

大卒は

203,400円×12ヶ月×43年=104,954,400円

となります。

するとこの時の差は

14,094,000円→約1400万円です。

生涯年収としてかなり単純な計算をするとこれだけの差が生まれるんです。しかも高卒よりも大卒の方がキャリアアップが早い会社がほとんどなんですよね。つまりこれに残業はもちろんのこと、ボーナスであったり昇給分、役職手当などを含めて考えるとさらにこの差は広がっていくでしょう。

最近では、キャリアアップに関しては実践経験が長い高卒も昇給しやすくなっている制度を取り入れている企業もあったりしますし、実力が全て!という会社やインセンティブをうまく得ている人であれば高卒でも大卒の方よりも稼いでいる!という人はいるでしょう。

ですがまだまだその数はごく僅かであり高卒と大卒の生涯年収に大きな違い、差があるのはれっきとした事実ということです。

(※差をわかりやすくするために税金や手当などは省いて考えていますのでご了承ください)

高卒は諦めるしかないのか

ここまでで高卒と大卒の生涯年収にかなりの差があるということはおわかりいただけたと思います。では、もう高卒は諦めてどんなに優秀であっても大卒の人には勝てない・・・。と考えるしかないのか?

日本ではまだまだどうしても学歴社会という昔からの流れが途絶えていません。徐々にそのレッテルは剥がされつつあるのかな?という印象もありますがまだ学歴で評価する人や会社が大半を占めているのは間違い無いでしょう。

高卒は諦めて細々と生きるしか無いの!?

実はここまでの内容の中で高卒と大卒を比べるためのそもそもの大切な前提があります。

それは

会社員の場合の違い

ということです。つまり、会社員として働いている場合というそもそもの前提がありました。そして先ほどの差はあくまでも会社から受け取れる給料を基準に計算したものなのです。

つまり、高卒の方でも全く諦める必要なんてありません。なぜなら

会社とは違う収入源を作る!

という方法があるからです。そしてこれを究極に突き詰めた場合は「起業」するということにもなり得ます。

会社からもらえる給料で差ができてしまうのであればやはり大学は卒業すべきなのか?と思いがちなんですが、高卒でも生涯年収を増やす方法はいくらでもあります。

試しに会社からの給料以外にどのように生涯年収を増やすことができるのか?を考えてみると、、、

投資、副業、ビジネス

という3つの大枠があるかなと思います。

投資であれば、株やFX、不動産など。副業であればアルバイト、在宅ワークなど。ビジネスであればアフィリエイトをはじめとするネットビジネスやリアルビジネスなどなど。

考え方ややり方によって給料以外からお金を生み出すことはいくらでもできます。

ただ、簡単ではありません!!

これは大卒でも高卒でも給料以外であれば関係無いことなんですが、自分で投資をしたりビジネスをしたりしてお金を稼ぐ方法はたくさんあっても決して簡単ではありません。これだけはしっかりと把握しておきましょう。

自分ビジネスで学歴の壁なんて取っ払え!

高卒だからって諦める必要もなければ、大卒と高卒の生涯年収はやっぱり差があるから大学に進学しなきゃダメか・・・。と考える必要もありません。

なぜなら先ほどお伝えした給料以外から生涯年収を増やす方法を知っていればいいからです。

ちなみに先ほどの計算では生涯年収で差は約1400万円でした。ですがその計算の根本は月額の差が42,100円ということでした。

これは逆に視点を変えて捉えると

月5万円の別収入で差は埋まる!

ということです。そう考えると、副業でもなんでもいいから給料以外の別収入を作り出すことができればこの差は気にする必要ありません。

でもこの5万円のために、仕事で疲れた上に別のアルバイトだったり体力的な労働をするというのは理にかなっていませんよね。

そこで無限大の可能性を秘めた副業としても行うことができ、ゆくゆくはそれを本業にして会社すらやめて稼ぐこともできるネットビジネスが私が行なっている「アフィリエイト」なのです。

アフィリエイトというのは簡単にいうとブログを書いて集客して稼ぐ手法です。これの動画バージョンが今流行りのYoutuberですね!実はこれが副業でやるにせよ、ゆくゆく会社をやめて自由に好きなことをしたい!と考えている人でも稼ぎやすいビジネスなんです。

ネットビジネスの自由さと稼ぎやすさ

ネットビジネスというと怪しくない?と思う方もいるかもしれません。ですが、実はTVのコマーシャルとシステムは同じことなんです♪

コマーシャルは企業がテレビの視聴者に対して広告を流してもらうことでテレビ局に広告費を支払っています。アフィリエイトは企業がこれ売ってください〜という商品を私たちがブログに集めたユーザーに紹介することでそのインセンティブをもらうということ。

ですので怪しいことをしている訳でもなんでもなく、むしろブログという媒体を使うことでユーザーに対して商品の価値提供をする手伝いができる訳ですから社会貢献!?とも言えるくらいのビジネスなんです。

これを先入観だけで怪しい!と決めつけるのではなくぜひ自分の目で確かめてから判断してみてくださいね!

そして、このアフィリエイトを私は行うことで大卒でアパレル企業の店長にまで登ったキャリアを捨てて独立起業をしました。アフィリエイトは稼ぐ力をつけられるとともに、Web集客スキルも自動的に身につけることができるので一石二鳥のスキルを身につけることができます♪

私がアパレル店長からアフィリエイトで独立するまでの全ての流れを詰め込んだ「A-Closet」という教材を私の公式メールマガジンを購読していただいた方に無料でプレゼントしていますのでよかったら下記のリンクからチェックしてみてくださいね♪

まとめ

今回は大卒と高卒の生涯年収の違いとそれを超えるために必要な大切な視点についてお伝えしてきました。これからはさらに大卒と高卒の差は縮まってくるのかな?という印象ですが、どのようにしたら生涯年収を増やせるのか?と大卒、高卒という視点から抜けて考えられるようになりましょう♪

ぜひ、自分ビジネスとしてアフィリエイトってなんなのだろう?という素朴な疑問を解決するところから初めてみてくださいね♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です