「夢を叶える」無料プレゼント配布中!
金運アップ

穴八幡宮のお札|一陽来復で金運UP!混雑や待ち時間は?

▼CHECK OUT▼

東京・早稲田にある「穴八幡宮神社」は金運アップで都内でもかなり有名な神社。

そんな神社に行ってきた!ということで穴八幡宮へのアクセスはもちろんのこと、穴八幡宮で有名な「一陽来復」のお札について詳細や購入時の穴八幡宮の混雑をお伝えしていきたいと思います♪

穴八幡宮のお札「一陽来復」とは

一陽来復のお札は…

1年で1番日照時間が短い”冬至の日”を境に日に日に1日が長くなることを指します。

また、陰極まって一陽を生ずるという意味があり「よくないことばかり続いたあとに良いことが巡ってくる」と考えられています。

このお守りを正しい日時に正しい貼り方をすることで

お金繰り(金銀融通)がよくなると言われていて商売繁盛や金運上昇のお守りとして人気が高いお札となっています♪

 

ちなみに一陽来復のお札は2つのパターンがあり

一陽来復 御守|800円

一陽来復 懐中御守|300円

となっています。柱に貼る一般的な方が御守で、懐中御守は財布などに入れておくものが懐中御守となっています。

あおやま
あおやま
両方とも購入するのがオススメ♪

一陽来復(2018-2019)の販売はいつ?

穴八幡宮のお札「一陽来復」は冬至の日から節分までが販売期間となっています。ですので2018年の発売初日は

2018年12月22日から

となっています。ちなみにこの日の発売時間はAM5時となっています。早朝ですが実は前日の21日の夜からすでに列ができ始めているのでAM5時でもすでにかなりの行列ができています。

実はこの一陽来復のお札は貼れる日時が決まっています。

冬至・大晦日・節分

のいずれかの夜中12時に貼るというルールがあります。また、貼る場所も「恵方に向けて柱もしくは壁の高いところ」に貼ると定められています。どうせ貼るなら出来るだけ長く貼りたい!ということで冬至のタイミングで購入したい人が多いので冬至の当日は朝から行列となっています。

詳細な一陽来復のお札の販売期間はこちら

2018年12月22日|冬至 5:00~21:00
2018年12月23日〜12月31日 8:00~19:00
2019年1月1日〜2月3日 8:00~17:00

初日の冬至の日だけ混雑が予想されるので販売時間が長くなっていますね〜!その後は節分の日に貼るタイミングまでがチャンスとなっているのでしっかりと一陽来復のお札を購入して正しく貼り、金運アップを願いましょう♪

冬至以降の混雑状況は?待ち時間は長い?

気になる待ち時間や混雑状況について。

毎年冬至の日は「早稲田駅」周辺がかなり混雑します。駅のホームも朝からかなり混んでいるので当日は混雑を覚悟していきましょう。

冬至の当日は例年、長いと4〜5時間待ちが基本です。その後も土日は常に2〜3時間の待ち時間が発生するので待つことを覚悟で購入しにいきましょう!

オススメの時間帯は…

平日の昼12〜14時

が比較的、列も少なく30分ほどで購入できる日が多いです。それでも列はできているわけなのでどれだけ人気なのかがわかりますね!

ちなみに、節分の2月3日が購入できる最終日ですがその1週間ほど前からは終了前の駆け込み需要が発生します。ですのでまた混雑度がアップします。

駆け込み需要が発生する前の平日に購入しに行くことをオススメしますよ〜!

穴八幡宮へのアクセス方法

では、最後に穴八幡宮への早稲田駅からのアクセス方法をお伝えしておきます!

東京メトロ東西線「早稲田駅」から徒歩3分の場所にある穴八幡宮。

早稲田駅の2番出口の階段前にこのように施設名が書かれたボードがあります。上から4番目に穴八幡宮がありますね♪

2番出口から地上に上がると…

このような光景が広がっています。2番出口を出たら左方向にいまっすぐ進んでいきましょう。左に曲がった瞬間に少し遠くに大きな穴八幡宮の鳥居が見えるはずです♪

信号を渡るとすぐに鳥居があり、少し長い急な階段が続いていますよ〜♪登りきったら本殿があります。

 

Sora’s Focus

ということで今回は金運アップで有名な穴八幡宮の一陽来復のお札について詳しくお伝えしてきました。冬至から節分の期間は屋台などもあって盛り上がっているのでぜひ一度穴八幡宮を訪れてみてはいかがですか??

あおやま
あおやま
混雑していても屋台などがあると楽しい雰囲気でワクワクしちゃいます!笑

ただ、寒い期間なので防寒対策だけはしっかりしていくことをオススメしますよ〜!

メルマガ登録