ポケモンゴーの流行から考えるモバイルバッテリーの重要性!ネタはこうやって決める!

ポケモンゴーが爆発的人気を誇っています!!さて、アフィリエイトの知識を持っていたり、アフィリエイターであれば間違いなくサイトを作れば稼ぎにつながりそうなアプリです。

ただ、それがすぐにわかるということはそう思っている人も当然かなりたくさんいるはずです。つまりライバルだらけというわけです。

ポケモンゴーがリリースされてそれが人気だからと言ってそれをそのまま狙ってライバルに勝とうとしてもそう簡単には稼げませんよね。

というわけでポケモンゴーを例にしてアフィリエイトでのネタ選定の考え方を解説してみようと思います。

ポケモンゴーってなに?
1-500x279

さて、そもそもポケモンゴーってなんなんだ!?ということを簡単に説明しておこうと思います。

ポケモンについて知らない人はあまりいないと思うので割愛させていただきます。

Ingressという位置情報を利用した陣地ゲームが少し前から流行っているんですが、このアプリとポケモンを融合させたアプリが「ポケモンゴー」となります。

つまりこれまでポケモンはゲーム機の中で主人公を動かしてポケモンを捕まえていました。

「ポケモンゴー」ではこれを実際の場所、位置を利用してポケモンを捕まえることができるのです。簡単に言ってしまえばリアルな場所でポケモンを捕まえて楽しむことができるということ。

 

これがすでに大人気となり世界中でたくさんのユーザーが利用しているわけなんですが・・・

世界中でこれだけの人気を博していればポケモンゴーについてのアフィリエイトサイトを作れば大量のアクセスを見込むことができます。

妖怪ウォッチなどの攻略サイトも同じことですが、ポケモンゴーの攻略情報をまとめたサイトを立ち上げて検索結果の上位に表示された場合、多くのアクセスを集めることに成功するでしょう。

 

ポケモンゴーのネタでサイトを作るなら。

では、もしポケモンゴーでアフィリエイトサイトを立ち上げるのであれば…。

ポケモンゴーのアプリの攻略情報を載せたサイトを作りますよね。

狙うキーワードは・・・

  • ポケモンゴー+ポケモン名+入手方法
  • ポケモンゴー+ポケモン名+出現場所

これがメインになりそうです。

ポケモンをやっていて攻略するために大切なことは入手方法だったり出現場所はどこなんだ!?ということですよね。

 

では、実際にこのワードでYahooでライバルチェックをしてみましょう。

今回はひとつの例としてレアなポケモンのひとつ「ラプラス」で調査してみましょう。

poke1

このようにすでにライバルだらけですよね。もちろん爆発的なアクセスやさまざまなポケモンの検索をすることが考えられるのでこれを狙っても当たれば稼ぐことは可能だと思います。

ですが、もうひとひねり”ズラシ”の考え方ができるとGOODです。

 

この時の考え方は・・・

  • 「やっている人はなにに困っているのか」
  • 「何に悩んでいるのか」
  • 「疑問に思うことはなにか」

 

この答えを記事として提供すれば価値となるわけです。

あおやま

つねに、読者やユーザーの悩みを深堀りしてみよう!

 

やっている人が悩むことを考えるべし

では、ポケモンゴーをやっている人がなにに困ったりなにに悩んだりするのか?というのを考えてみてください。

ここで私が思いついたものがバッテリー消費についてでした。

位置情報を利用するアプリだとものすごい急速にバッテリーは消費してしまいます。

 

つまりポケモンゴーのユーザーはバッテリー消費に悩むわけです。

ということはこれからはさらにモバイルバッテリーの需要が高くなる!という予測をすることができますね。

 

ですので、例えばポケモンゴーをやるのにオススメのモバイルバッテリーだったり持ち運びに便利な充電器などなどスマホの充電に関する情報がほしいユーザーが増加します。

このような人がどんなキーワードでGoogleやYahooで検索するのか?

これの答えを記事にすればライバルとは一味違った攻め方をすることができます。

 

あおやま

バッテリー消費という悩みをさらに深堀りするとどんなキーワードが出てくるか考えてみましょう!

 

まとめ

というわけで今回はポケモンゴーの流行から考えるアフィリエイトのネタ選定の考え方についてお伝えしました。

このような具体的な例を用いたノウハウなどを常にメルマガの方でも解説していきますのでチェックしてみてくださいね。

登録は下記のフォームからお願いします*

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です