トレンドアフィリエイト

【必見】トレンドアフィリエイトでアクセスが集まらない原因と理由

▼CHECK OUT▼

こんにちは、あおやまです。

トレンドアフィリエイトを実践していると、

全然アクセスが集まらない!

と困っていませんか?トレンドアフィリエイトでアクセスが集まらない原因とそもそもアクセスが集まるとはどういうことなのか?その仕組みについてまとめていきます。

アクセスが集まるってどういうこと?

アクセスが集まるその仕組みをちゃんと理解していないとアクセスがただただ集まらないと嘆いていてもなにも解決はできません。

ですのでまずはアクセスが集まるというどういうことなのか?を理解しておきましょう。

アクセス=ユーザーがブログ記事を見にくる

ということになります。ではどのような流れで世の中のユーザーはあなたのブログにたどり着くのか?そこに「アクセスの道・経路」があります。

ユーザーがあなたのブログにたどり着くにはまず大きく分けて2つのドアがあると考えてください。

  1. GoogleやYahooの検索
  2. TwitterやFacebookなどのSNS

いわゆる検索エンジンの検索結果に表示され、ブログ記事にたどり着くパターン。そして、SNSなどであなたのアカウントをフォローしていてブログ記事のURLを貼ることでブログ記事にたどり着くパターンです。

今回はトレンドアフィリエイトでのアクセスの集め方なので、前者のGoogleやYahooの検索エンジンからの流入を増やす。という観点でお伝えしていこうと思います。

検索エンジンからユーザーがあなたのブログにたどり着くまでの流れは以下の通りです。

ユーザーが検索窓にキーワード入力

検索結果から検索意図にあったタイトルの記事を見る

たったこの2つの流れではあるんですが、ユーザーが2つの行動をしていることがわかります。

  • 検索をする
  • 検索上位表示サイトを選ぶ

この2つの行動が両方とも成り立ってブログ記事へのアクセスの流入が生じます。つまり、アクセスを集めるには

  1. ユーザーの検索の需要がある
  2. サイトが検索の結果に上位表示されている

ということが必要不可欠です。どんなに検索需要が大きくても、自分のサイトが検索結果に上位表示されていなければアクセスは集まりません。逆に、どんなに自分のサイトが上位表示されていても、そのキーワードでの検索需要がなければこれもアクセスは来ないということです。

アクセスが集まらない2つの原因

アクセスが集まる仕組みがわかると必然とその道中や行き先に自分のブログ記事がなければアクセスが集まらないということがわかるかと思います。

では、改めてアクセスが集まらない2つの原因をチェックしましょう。

ユーザー検索の需要

ユーザーの検索需要がそもそもないキーワードを狙ってうまく上位表示できたと仮定しましょう。上位表示することができていたとしても、ユーザーがそもそも検索すらしないキーワードならそれはほとんど意味がありません。

アクセスが集まる入り口のユーザーが検索窓にキーワードを入力するということがされないからです。

特にトレンドアフィリエイトはトレンド(流行・話題)になっているネタを扱って記事を書くわけなのでユーザーの需要がなるべく高いネタをチョイスするようにしましょう。

狙ったキーワードで上位表示

ユーザーの検索需要ともう一方、大切なのが狙ったキーワードで上位表示するということ。

狙ったキーワードで上位表示するというのはつまり、あなたがブログ記事のタイトル付けで狙ったキーワードで検索した時に上位表示されているかどうか?ということです。

ちなみに上位表示って何位までのことを言うの?と疑問が生まれるかもしれません。これは人それぞれ考え方が異なってきます。ただ、アクセスを集めたいわけですので当然のことながら、1位がベストですよね。私は少なくとも1ページ目=10位以内に入ることが上位表示の最低条件と考えています。

ですので狙ったキーワードで少なくとも10位以内にランクインすることを目指しましょう。

狙ったキーワードで上位表示できない3つの理由

さて、ではアクセスが集まる仕組みとその流れの中でアクセスが集まらない原因がわ買ったところで2つの原因をもう少し深堀りして考えていきましょう。

まずは、「検索需要について」ですがトレンドアフィリエイトを実践している段階でほとんどの人は需要のあるネタを選ぶことができているかと思います。ですのでアクセスが集まらないブログや人の大きな共通点は

上位表示できない

と言う部分なんですよね。では、なぜ上位表示できないのか?その主な理由は以下の3つ。

  1. 記事の更新数が少ない
  2. ライバルだらけのキーワード選定をしている
  3. ドメインが弱く上位表示されにくい

それぞれ詳しくお伝えしていきます。

記事の更新数

まずはサイト自体を立ち上げて、まだ日が浅い状態でブログ全体の記事数が少ない。と言う場合が考えられます。

ネタや人によってはサイト構築後数日で1000PV、10,000PVと言う場合もあるかもしれませんがかなり稀です。(私もサイト記事入れ2日目7記事で4000PV越えを達成しています。)

トレンドアフィリエイトを実践している人口は日に日に増えているため、ライバルもどんどん増えていくのも現状です。まずは記事数をしっかりと書くことを最優先事項としましょう。

どんなにアフィリエイト歴が長いプロをいっても過言ではない!と言う人であっても100発100中でアクセス爆発を起こすと言うのは難しいです。よくある例えですが、プロ野球選手の打率が高い人でも3割越え、バスケのNBAプレーヤーの3ポイントの成功率も4割ほど。

どんなにプロと言うほどに極めていても100%はほぼ不可能です。では、どうすればアクセスが集まる記事を多く書けるのか?

その一番手っ取り早い方法は「記事更新数を増やす」と言うことです。

確率論だけではなく記事更新数を増やすことで下記のようなメリットも見込めます。

  • あなた自身の記事質が上がる
  • 記事を書く時間が早くなる
  • Googleからの認知がされやすくなる etc…

アクセスが集まらない!と早々に焦る前にまずは少なくとも100記事は更新してみましょう!その中でアクセスが集まるネタがなんなのか?と言うのをしっかりと分析して進めていけば間違いなくアクセスを集めるための第一歩は踏み出せているはずですよ♪

あおやま
あおやま
まずは100記事!当然キーワード選定やタイトル付けについて理解した上で!

ライバルの多いキーワード選定

続いて、ライバルの多いキーワード選定をしてしまっているため、上位表示できない。と言うのも大きな理由の一つです。

多くの初心者がやりがちな失敗が「ライバルだらけのネタ選定・キーワード選定」です。トレンドアフィリエイトに実践し始めたタイミングで「ニュースからネタ選定」をする際に一番多いのがニュースと同じキーワードでタイトル付けをしてしまう失敗です。

当然の事ながらニュースを運営しているサイトはドメインパワーが強いので立ち上げたばかりのブログでは太刀打ちできません。

そこで重要になるのが【ライバルチェック】です。自分のサイトが狙ったキーワードで上位表示できるようにライバルチェックをした上でネタ選定やキーワード選定をするようにしましょう。

ドメインの強さ

最後にドメインの強さを把握できていない、と言う理由でドメインが弱いが為に上位表示できない場合です。

これはライバルが強いと言う2つ目の理由と似ていますが、結局はライバルが強いキーワードでも自サイトのドメインパワーが強ければ勝つことができます。

では、このドメインパワーの判断はどのようにするのか?これについては別記事にて詳細にお伝えしますが立ち上げたばかりのブログはほとんどドメインパワーはナイト考えておいてください。

ドメインパワーは弱くても勝てるトレンドアフィリエイトのネタ選定についても参考記事をチェックしてみてくださいね!

あおやま
あおやま
自分のブログのポジションを知ると言うこともかなり重要!

SORA’S FOCUS

トレンドアフィリエイトでアクセスが集まらない!と言う方に向けてそもそもアクセスが集まる経路や流れについてをお伝えし、そのあとにアクセスが集まらない理由を深掘りしてお伝えしてきました。

式にして表すと、

アクセス=検索需要×上位表示

となります。検索需要が大きいものを狙うのがトレンドアフィリエイトです。ですのでアクセスを集める大きなカギとなるのは【上位表示】です。狙ったキーワードで上位表示させる為に上記の施策を行いましょう!

まず第一にアクセスを集めるための記事がなければ意味がありません!記事更新としっかりと行ない、経験値を増やしながらアクセスも増やしていきましょう。

あおやま
あおやま
まずは行動!記事更新!!

この記事でご紹介した合わせて読んでほしい記事のまとめはこちら

 

メルマガ登録