SEO

ドメインパワーとは|調べ方や考え方と強くする3つの方法

▼CHECK OUT▼

アフィリエイトを始めた際にどうしても強いライバルサイトがいると狙ったキーワードで上位表示しにくいです。

その理由として掲げられるのがこのドメインパワーです。YahooやWikiや企業サイトなどはドメインパワーが非常に強いです。またアフィリエイトサイトでもかなり強いドメインパワーを持つサイトがあります。

まずは自分のドメインの強さをある程度把握して勝てるキーワードを狙い撃ちできるように意識して行きましょう。そのために今回は「ドメインパワー」について理解しましょう!

あおやま
あおやま
ドメインパワーの調べ方や上げ方をお伝えします!

ドメインパワーとは

まずはドメインパワーとはなんなのか?ということについて。

ドメインパワーは、

ドメインやサイトの評価のこと

を指します。ドメインパワーが高ければそれだけ狙ったキーワードで評価されやすくなり上位表示しやすくなります。ドメインってなに?というかたは「独自ドメインの取得方法|初心者でも簡単登録!」を先にご覧ください。

ドメインパワーを高めるメリットとは?

ドメインのパワーを高めると何がいいのか?というとGoogleからの評価が高いということになるのでサイト内の記事が上位表示されやすくなり、それだけ狙ったキーワードで書いた記事のアクセスが増え、収益に繋がるというわけです。

あおやま
あおやま
だからこそ、ドメインパワーは高めるべき!ということになるね。

では、ドメインパワーが自分のサイトはどのくらいなのか?そしてドメインパワーを高めるにはどうすればいいのか?ということについてお伝えして行きましょう。

自分のサイトのドメインパワーはどのくらい?調べ方!

では、まずは自分のサイトのドメインパワーがどのくらいの強さなのか?の調べ方についてお伝えします。これは正直ツールを使ったとしても「目安」しかわかりません。

ですので実践しながらどのくらいのパワーなのかを常に実感として測るしかないのではっきりと数値でドメインパワーがどのくらいなのか?がわかる訳ではありません。

他のサイトで紹介されているMOZを使ったドメインパワーのチェック方法はどうやら2018年9月現在は無料ですぐに使えるようにはなっていません。

 

ですので代替案として以下のツールを使ってサイトドメインのパワーをチェックしてみました。

まずは試しに私のサイトのURLを入力してみましょう。

入力して「Check Authority」をクリックすると、下に結果が出てきます。

  • DA:14
  • PA:18

という数値が出てきました。0〜100までの値でこの数値は決まっています。このDAとPAはなんなのか?についても簡単にお伝えしておくと

DA=Domain Authority

PA=Page Authority

DomainAuthorityはドメインオーソリティでサイト全体の評価の数字となります。一方でPageAuthorityはページ単位の評価の数字を意味します。

あおやま
あおやま
このサイト、、、低すぎないか!?

まだまだ発展途上状態のブログという感じですが、試しにGoogleやYahooでチェックしてみました。

YahooはDAが94PAが74、GoogleはDAが93PAが72とさすが!と言わんばかりの数値となっています。個人のブログで90を超えるのはかなり難しいですがやはりできるだけこの数値を高めて行きたい!と思いますよね。

ただし、ここで注意してほしいのはあくまでも数値は目安!低いから上位表示できないという訳ではないということです。

実際に私のブログはまだまだドメインパワーの数値が低いものの、上位表示できている記事はあります。ドメインパワーが低いからと言って諦めるのではなくドメインパワーを高めようとしつつも自分の上位表示できるライバル基準を意識すると良いです。

ドメインオーソリティ以外に感覚でパワーを見極める考え方

数値はあくまでも目安。

となると他にどのような方法でドメインパワーを見極めるのか?というと自分のブログの記事がいくつかのキーワードで狙って検索結果のどこに位置しているか?を見極めるということです。

トレンドアフィリエイトでありがちなのはいきなりかなり有名な人を狙って書いてもライバルが強すぎてかけないということです。これは逆にいえば、自分のサイト記事で有名な方のキーワードで上位表示できているのであればライベルに負けないほどのドメインパワーがついている、とも言えます。

私がドメインパワーを見極めている方法を一言でいうと

自分の記事が検索上位で位置している強さを測る

ということです。私の他の記事でライバルチェックの基準として掲げているのが

  1. 検索結果数の数値が10万以下
  2. 検索上位に無料ドメインや知恵袋があるか

主にこの2つですが、さらに自分の記事が上位にランクインしている場合はそのキーワードの検索結果数を大きな目安としてこれからは狙っても良い数値とします。

例)

「ブログアフィリエイト 専業主婦」で1ページ目に自分の記事がランクインしていた場合「ブログアフィリエイト 専業主婦」の検索結果数でである365000件までは狙っても良い、と考えます。

こちらもあくまでも目安としての考え方となります。

ドメインパワーを測る基準として常に自分の記事がどのようなライバルの中で上位表示できているのか?は確認する意識を持つと狙いたいキーワードで勝てるかどうか?が感覚的に予想できるようになってきます。

ぜひ参考にしてみてください。

ドメインパワーを上げる主な3つの方法

では、ドメインパワーの調べ方についてわかったところでドメインパワーをあげる施策として主な3つの方法をご紹介します。

アクセスの爆発を起こす

まずはGoogleにより早く認知してもらえるようにするための手っ取り早い方法が「アクセスの爆発を起こす」ということです。

いわゆるトレンドネタを狙って一気にアクセスを得ることでGoogleのクローラーに認知してもらうことができるため、サイト開設初期段階ではかなり有効な方法と言えます。

私のこれまでの感覚値だとサイト立ち上げ後に「1000PV」ほどのアクセス爆発をすると少しドメインパワーが強くなるように感じます。(あくまでも感覚値)さらには「10000PV」を越えるとドメインパワーが強くなったことをかなり実感します。

アクセス爆発を起こすのが3つの方法の中でも近道となります。ですが以下の2つも意識した上でアクセス爆発を狙うようにしましょう。アクセス爆発については以下の記事を参考にしてみてくださいね!

読者が長く滞在する記事を書く

Googleがサイト評価をする上でかなり重要とも言えるのがサイト滞在時間です。

Googleが評価するサイト=読者に価値のあるサイト

です。読者に価値があるか?の指標の一つとして挙げられるのが「サイト滞在時間」です。ちなみにこのサイト滞在時間はGoogleAnalyticsで確認することができます。

実は現代はスマホユーザーが大量に増えていて、読者は平均してサイトの文章の28%しか読んでいないと言われています。つまりほとんどの読者が「流し読み」もしくは「途中離脱」をしているということになります。

そんな中でどれだけ読者の滞在時間を伸ばすことができるか?がドメインパワーを高める方法として重要ということです。滞在時間を具体的に伸ばす方法などについては参考記事をご覧ください。

読者にサイト内の記事を巡回させる

Googleの先ほどの考えから読者に価値があるサイトの指標としてもう一つ大切なのがサイト内のいろんな記事をチェックしているのか?ということです。

読者がサイト自体に価値を感じている場合はサイト内の巡回をすることが考えられます。だからこそ「直帰率」「ユーザーあたりセッション数」をGoogleAnalyticsで指標としてチェックすることができます。

サイト内をうまく巡回してもらうには関連事項に関する記事に誘導をうまくしたりすることが重要となります。

例えばこの記事ではあわせて読んで欲しい記事としてご紹介しています。このように関連して読者が気になることを他の記事にして内部リンクを増やしていきましょう!

SORA’S FOCUS

今回は「ドメインパワー」をテーマにお伝えしてきました。ドメインパワーを高めることはSEO対策と同じです。いかにGoogleから良い評価をしてもらえるか?ということが重要になるのでしっかりと対策をしておきましょう!

また、ドメインパワーを高めるための根本的な考え方として読者目線で読者に価値のある記事を書くという意識は持つようにしましょう!

あおやま
あおやま

常に読者が欲しい情報や価値を提供することを念頭に記事を書くようにすると自然とドメインパワーは高まります!

メルマガ登録