GoogleSearchConsole(グーグルサーチコンソール)の登録&設定方法

こんにちは、あおやまです。

今回はGoogleSearchConsoleの登録

最初の設定の仕方についてチェックしていきたいと思います。

グーグルサーチコンソールとは

それではまずはGoogleSearchConsoleってなに?

ということについて簡単にチェックしましょう。

グーグルサーチコンソールというのは

Googleが提供しているサイト分析ツールのひとつ。

 

グーグルサーチコンソールを使ってなにができるのか?

というと、、、

Googleの検索サービスの中でのサイトのパフォーマンス

知ることができるツールとなっています。

 

パフォーマンスとは、、、

  • 性能の評価
  • キーワードごとの掲載順位
  • クリック数

などとなっています。

Googleの検索サービスによる細かい情報を

取得できるのはグーグルサーチコンソールのみ!

となっているのでしっかりとグーグルサーチコンソールを

あなたのサイトも導入しておきましょう。

 

グーグルサーチコンソールの導入をすることで

SEOの現状を把握し、サイトの改善の

ヒントを得ることができます。

グーグルサーチコンソールに自分のサイトを設定しよう!

それでは最初からグーグルサーチコンソールの

登録方法について解説していきたいと思います。

手順①:GoogleSearchConsoleのサイトへ。

googleseachconsole1

まずはこちらのリンクよりGoogleSearchConsoleのサイトを開きます。

するとGoogleのログインがされていない場合ですと

このようにログインする表示が出てきます。

ログインできている人は手順②へ進んでください。

 

Googleのアカウントを持っている方はそのまま

この画面にログインIDを入力してログインしましょう。

 

まだGoogleのアカウントを持っていない!

という方はアカウント取得から行ってください。

アカウント取得についてわからないという方は

Google検索で「Googleアカウント 作り方」

と検索していただければ詳しい方法についての

説明記事があると思いますのでチェックを!

 

正しくログインできた場合はこのような画面となります。

googleseachconsole2

これがGoogleSearchConsoleの最初の画面です。

 

手順②:サイトURLの登録をします

googleseachconsole2

こちらの中央の入力部分に分析したいあなたの

サイトURLを入力して「プロパティを追加」のボタンをクリックします。

複数サイトを登録したい!という方もまずはお好きなサイトをひとつ選んで入力してください。

後程、複数サイトを登録することが可能となります。

 

手順③:サイト所有権の確認をします

続いてこのような画面が出てきます。

googleseachconsole3

入力したURLがあなたのサイトなのかどうか?

という所有権の確認を行いましょう。

所有権の確認方法については以下の5つの方法があります。

  • HTMLファイルのアップロード
  • HTMLタグ
  • ドメイン名プロバイダ
  • Googleアナリティクス
  • Googleタグマネージャ

この中でグーグルサーチコンソールのサイトが

おすすめしている方法はHTMLファイルの

アップロードとなっているんですが

サイトの記事やファイルを保存したときの

URLの付け方の設定が異なってくるため

私はこの方法をオススメしていません!!

 

ですので先ほどの画面の「別の方法」を

選択して「HTMLタグ」で所有権を確認しましょう。

 

するとサイト内に埋め込むためのHTMLタグが

表示されるのでこのタグをコピーしておきましょう。

 

手順④:HTMLタグを自サイトに入力します。

googleseachconsole4

それでは次は登録したいサイトのダッシュボードを開き

外観⇒テーマの編集をクリックします。

 

表示された画面の右側の項目より

「header.php」と記載されている部分を選択してください。

googleseachconsole5

WordPressで有効化しているテーマによって

この画像とは多少表示が異なってきますのでご注意を!

「header.php」と記載されているものを選択すれば

問題ないです。

 

そして表示された画面はこちら。

googleseachconsole6

表示された画面にて</head>という部分を探すため、

キーボードの

ctrlボタンとFボタンを押してください。

すると右上の部分にバーが出てきますので

そこに</head>と入力してください。

 

すると一つだけ図のようにオレンジ色になる部分が出てきます。

googleseachconsole7

そのオレンジ色になった</head>の上に

さきほどコピーしたHTMLタグを貼り付けてください。

そして「ファイルの更新」をクリックして更新します。

 

手順⑤:所有権の確認を完了させます

手順④が終わったらGoogleSearchConsoleの画面に戻り

googleseachconsole8

確認ボタンをクリックしてください。

次のような画面になれば完了となります。

googleseachconsole9

続行をクリックしてしっかりと完了したか確認しましょう。

googleseachconsole10

このようにGoogleSearchConsoleのトップ画面に

登録したサイトのトップページが表示されていれば

GoogleSearchConsoleへのサイトの登録は完了となります。

 

なお、さらに複数のサイトをGoogleSearchConsoleに

登録したい!という方は

右上の「プロパティを追加」を選択して

ここまででお伝えした手順と同じ方法にて

登録を行なってください。

登録しておわりではなく分析をしましょう!

グーグルサーチコンソールへのサイト登録の

方法を説明してきましたが登録しておわりではありません。

 

登録したのちにサイトの分析を行いましょう!

分析の仕方については別記事にてご紹介

していきますのでそちらも合わせてごらんください!!

GoogleSearchConsoleでサイト分析を!キーワードクエリから3つの考え方を身に着けよう!

2017.01.29

まとめ

ということで今回はGoogleSearchConsoleの

登録&設定方法についてお伝えしてきました。

 

分析するために必須なツールとなりますので

しっかりとサイト登録をしておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です