内部SEO対策で重要な3つの指標とは!?

今回は内部SEOで重要な3つの指標について

どういうことなのか詳しく説明していきます。

この3つを攻略することでブログが強くなるので

しっかりとチェックしていきましょうっ!

滞在時間をのばそう!

ではまずは滞在時間についてです。

この滞在時間というのはあなたの記事に

初めてアクセスが来たページでのユーザーの

滞在時間となります。

ですので自分のブログの中の記事であっても

最初に入ってきたページから移ってしまうと

それは滞在時間には含まれないんです。

 

ですのでいかに最初の記事で長くユーザーを

とどめておくかということが大切になります。

 

これをGoogleはなぜ重要視するのでしょうか?

読者目線で考えると長くその記事をみているだけ

その記事は読者にとって価値のあるものだ。

と考えるからなんです。

 

そのため、滞在時間が伸びるような対策を

しっかりとしていかなければいけません!

直帰率を下げよう!

次に直帰率を下げるということが大切ですが

直帰率というのはカンタンに言うと

あなたのサイトページ⇒サイトから離れる

という1ページしか見ずにあなたのサイトから

離れているユーザーの割合のことをいいます。

 

この直帰率は当然ですが低いほうが

Googleからの評価は高くなります。

 

直帰率が高いということはユーザーが

そのページを見て、他のあなたのサイトの記事に

映らないということは読者があなたの記事に

さほど興味を持たなかったということになります。

ですので直帰率が高いとGoogleは評価を下げる。

ということになります。

 

基本的にこの直帰率はトレンドブログだと

高めになってしまうので75~90%ほどです。

90%を超えるとかなり悪い状態と言えます。

 

ちなみに特化ブログなど同じジャンルで

まとまっているサイトだと30%など低くなっていくので

特化サイトをやっていくと自然と直帰率は下がる傾向にあります。

1人当たりPVをあげよう!

次に1人当たりのPVをあげよう!ということですが

PVというのはページビューのことで

同じ人があなたのサイトのページをどれだけ

回っているか、ということになります。

 

これが1だと当然ですが直帰率100%という事です。

この1人当たりPVをあげるにはどれだけ

あなたのサイトを循環させるかが重要となります。

 

ですのでサイト内をぐるぐると回ってもらえる

仕組みを作ればよい!ということになります。

まとめ

というわけで今回は内部SEOの評価に関する

3つの指標について解説してきました。

これらの向上を図るための施策や裏ワザも

解説していくのでぜひチェックしてみてください。

 

直帰率を下げ、PVをあげるテクニック!

滞在時間をあげるためのテクニックとは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です